【ゆる薬膳レシピ】ダイエット中のおやつに♪消化促進にも役立つ「プーアール茶のジンジャーゼリー」- common(コモン) | フィットネス&ライフスタイルマガジン

毎日をアクティブに楽しみたい女性に贈る、フィットネス&ライフスタイルマガジン

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

【ゆる薬膳レシピ】ダイエット中のおやつに♪消化促進にも役立つ「プーアール茶のジンジャーゼリー」

2018.5.7

一見難しいイメージの「薬膳料理」ですが、実は意外にも家庭で簡単に取り入れられるということをご存知ですか?今回は、薬膳インストラクターの資格を持つxiloco(ヒロコ)さんが、ダイエット中でもおすすめのおやつとして、プーアール茶のジンジャーゼリーのレシピを教えてくれました。

「薬膳=食べにくそう」は間違い!

薬膳料理とは、中国伝統医学(中医学)の基本理論にのっとって施膳する、食事療法を兼ね備えた料理方法のことです。 薬膳=中国料理というのではなく、薬膳は、日本料理でもイタリア料理でも展開することができるもの。

「薬膳」と聞くと、生薬くさいとか、食べにくそうというイメージがある方が多いと思いますが、実はそれだけが薬膳ではないんです。

私たちが普段口にしている食材はそれぞれに性質があります。例えば、生姜やにんにく、ネギなどは身体を温める食材としてよく知られていますよね。そういう食材をたくさん摂ることで身体を温める。これも「薬膳」の一つなんです。

美味しく食べてダイエット効果も期待できる♡

春は肝臓が弱りやすい時期と言われています。

肝臓が弱っているときには、「苦味」「酸味」のあるもの、「緑色」のものを摂ると肝臓が元気になります。

陳皮 薬膳料理

今回のレシピで使用している「陳皮」とは、みかんの皮を乾燥させた苦味のある薬膳食材です。身体を温める作用があり、筋肉のコリを和らげる効果もあります。黒砂糖や生姜にも身体を温める作用があるので、代謝アップに役立ちます。

プーアール茶

そして、プーアール茶には「消化促進」や「血行促進」など、ダイエットを助ける効能がたくさんあるんです!

お茶でサッパリとした味わいなので、間食だけでなく食後などにも美味しくいただけますよ。

プーアール茶のジンジャーゼリー

プーアール茶 ジンジャーゼリー

<材料>(4人分)
プーアール茶…大さじ1
粉寒天…2g
お湯…500cc
生姜…1かけ
はちみつ…大さじ1
陳皮…小さじ1
黒砂糖…50g

<作り方>
① お湯にプーアール茶を入れ、蓋をし3〜5分置く。
② 生姜を千切りにし、はちみつと混ぜ合わせ軽くラップをかけ、レンジで1分温める。
③ 鍋にプーアール茶400ccと粉寒天を入れ、中心が沸騰するまで火にかける。
④ 残りのプーアール茶と黒砂糖を鍋に入れ火にかけシロップを作り、冷やす。
⑤ ボウルに②、③と戻しておいた陳皮を混ぜ合わせ冷やし固める。
⑥ 器にスプーンで⑤を盛り付け、シロップをかけて完成。

 

低カロリーで、ダイエット中でも美味しく食べられるゼリーのレシピを教えてくれました。血行促進や消化促進の効果もあり、ダイエットの手助けをしてくれるなら、是非食べたい一品ですね♪

サマースタイルアワード ノービス ヒロコ xiloco

xiloco(ヒロコ)

二児の母。中学生の頃から様々なジャンルのダンスを始め、ストリートダンスも経験。二人目を出産後、ボディメイクに目覚める。”やると決めたら徹底的にやる”性格を武器に、コンテストに出場し続けている。薬膳インストラクターの資格を保有。
Instagram

text:Eri Sakata

お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。