common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

カフェラテ1杯はご飯より高カロリー!身近な太る・痩せる飲み物を大調査

2019.5.18
いつも何気なく飲んでいるカフェラテ。それが、ダイエットの成功を邪魔している可能性があります。カフェラテを始め、飲み物に含まれているカロリーをしっかり把握しておくことは、ダイエットの成功に欠かせません。今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者がいつも飲んでいる飲み物がどれくらいのカロリーがあるのか、痩せたいなら飲むべき飲み物は何かについて紹介していきます。

その飲み物、高カロリーですよ!

ダイエットをしている方で、食べるものに気をつけている方は多いと思いますが、飲み物まで気を使っていますか?

いつもジュースを飲んでいる、甘い飲み物が好きだ、という方は、そういった飲み物を飲んでいることによりダイエットが失敗してしまう可能性があります。

飲み物を飲む女性

また、痩せる飲み物もあるので、飲み物を変えるだけで効率的に痩せることができるかもしれません。

今回は、栄養学とスポーツ科学を専門とする筆者が太る飲み物の糖質やカロリーについてご紹介。痩せるために取り入れたい飲み物についても、まとめていきます。

意外と高カロリー!太る飲み物

フルーツジュース

仕事をしながら何かを飲んだり、家に帰ったら喉を潤したりと、身近にある飲み物ですが、ダイエット中には飲み物にも気をつけるべきです。まずは、いつも飲んでいると太る飲み物を紹介していきます。

1、果汁100%ジュース

美容や健康に良さそうなオレンジジュースやリンゴジュースですが、糖質が多く含まれています。果実100%のジュースの場合、コップ1杯(200mL)で糖質が約20g、カロリーは約80kcalあります。

さらに気を付けたいのが、果実20%程度の人口甘味料が多く使われたフルーツジュース。果実100%のジュースはビタミン、ミネラルが豊富だというメリットがありますが、人工的なフルーツジュースは美味しさが重視されています。驚くほど高カロリーなことも。見落としがちなので、注意しましょう。

2、野菜ジュース

野菜ジュースというと、健康に良さそうなイメージがありますよね。しかし、そんな野菜ジュースも、意外と糖質が多く含まれているのです。

野菜ジュースには、コップ1杯(200mL)に約15gの糖質が含まれていて、カロリーは約70kcalとなっています。健康に良さそうだから1日何本も飲んでいると、カロリーオーバーになってしまいます。

最近は糖質オフの野菜ジュースもあるので、野菜ジュースをダイエットに取り入れたい、という方はそうしたものを飲むと良いでしょう。

3、スムージー

スムージーは、凍らせた果物や野菜をシャーベット状にしたもので、女性に人気の飲み物ですね。スムージーはダイエットに良さそうというイメージがあるかもしれませんが、意外と糖質が多く、カロリーが高いのです。

スムージー1杯の中には、糖質が20〜30g含まれており、カロリーは約150kcalになります。小さめのおにぎりと同じくらいのカロリーがあります。1食置き換えるにはいいですが、食事のときの飲み物としてスムージーを飲むのは太る原因になります。

4、スポーツドリンク

トレーニングを行っている方なら、スポーツドリンクを飲むことが多いのではないでしょうか。スポーツドリンクは、汗で失われるミネラルなどを効率的に補うことができます。それと同時に、運動に必要なエネルギー源となる糖質の補給を目的としているものも多いです。

つまり、スポーツドリンクには糖質が多く含まれています。

多いもので、500mLのペットボトル1本で糖質は約35g含まれていて、カロリーは約130kcalほど。

トレーニング中の栄養補給を目的として飲むならいいのですが、ジュース感覚で飲むのは控えた方がよいです。

5、カフェラテ

ダイエット中はカフェのメニューにも注意です。意外とカロリーが高いのが、カフェラテです。カフェラテは、エスプレッソに牛乳を入れて作られます。エスプレッソは、コーヒー豆に高い圧力をかけて、濃い味で抽出されます。そのため、牛乳を多めに入れて味を整えて提供されます。

牛乳にはタンパク質と脂肪分が多く含まれています。コップ1杯(200mL)あたり、タンパク質は約7g脂質が約8g、糖質が約10g含まれており、カロリーは約140kcalとなっています。

カフェラテは、コーヒーと牛乳の割合が2対8で作られています。つまり、カロリーとしては牛乳とあまり変わりません。コーヒーに含まれるカフェインはダイエットに良い影響を与えてくれますが、カフェラテはほぼ牛乳だということを覚えておいてください。

ガムシロップなどを加えたカフェラテの場合、さらに糖質量とカロリーが上がります。甘いカフェラテは糖質約20g、1杯200~250kcalくらいになることが予想されます。

ちなみにスタバのフラペチーノなど、クリームが乗っているものは明らかにカロリーが高いと分かりますね。カロリーが高いものだと350kcal以上、低いものでも150kcalはあります。大きなサイズを頼めば500kcalを優に超えてしまうこともあります。

6、甘酒

健康や美容、最近ではダイエットにもいいことで知られている甘酒ですが、甘酒にも意外と多くの糖質やカロリーが含まれています。

それもそのはず。甘酒は、お米を発酵させて作られているのです。

甘酒は、コップ1杯(200ml)中になんと約35gもの糖質が含まれています。カロリーは約160kcalです。

オレンジジュースはコップ1杯あたり糖質が20gでカロリーが約80kcalということを考えると、甘酒は糖質が多く、カロリーが高いことが分かりますね。“甘酒はダイエットに良い”という情報だけを鵜呑みにし、飲みすぎてしまうと太る原因になるので注意しましょう。

Posted by admin