common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

バナナダイエットは成功する?!朝・昼・夜のいつが効果的?ブログや口コミで話題のバナナダイエットのメリット・デメリット

2018.11.17

昔も今も人気がある「バナナダイエット」。ブログや口コミでも話題ですよね。誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回は正しい効果的なバナナダイエットの方法をご紹介します。

■バナナダイエットとは?ブログや口コミでも効果が話題

バナナダイエットとは、食事のかわりにバナナのみを食べる、いわゆる置き換えダイエットの一つ。特に朝食に置き換えることが多いことから「朝バナナダイエット」としてテレビや雑誌などでブームとなりました。1日の3食のうち、1食だけをバナナに置き換えるだけなので誰でも簡単にすぐにできるダイエット法なので、実践した人がブログに効果を掲載したり、口コミを載せたりしています。やり方を気をつければ比較的効果が高いダイエットと言えるようです。

■バナナダイエットの基本的なやり方

バナナ1〜2本と常温の水を飲む、というのが基本のやり方で、朝・昼・晩のいつをバナナに置き換えるかもダイエット効果に違いが出てきます。それぞれの効果やメリット・デメリットを見ていく前に、バナナの栄養から見ていきましょう。

■バナナの栄養と効能

バナナは炭水化物を中心に、バナナ1本でエネルギーチャージができるくらい体に必要な栄養素をバランスよく含んでいる食品です。バナナ1本(100g)に含まれている成分は次の通りとなります。

バナナ1本(100gあたり)

  • エネルギー:約86kcal
  • タンパク質:1.1g
  • 脂質:0.2g
  • 炭水化物:22.5g
  • カリウム:360mg
  • カルシウム:6g
  • マグネシウム:32mg
  • 鉄:0.3mg
  • 亜鉛0.2mg
  • 銅:0.09mg
  • ビタミンE:0.5mg
  • ビタミンB1:0.05mg
  • ビタミンB2:0.04mg
  • ビタミンB6:0.38mg
  • ビタミンC:16mg
  • 食物繊維:1.1g

バナナは高カロリーと思われがちですが1本あたり86kcalと意外にも低カロリーなんです。豊富に含まれているカリウムは体内の余分な水分を排出させる働きがあるのでむくみに効果的です。またカリウムは脂肪燃焼効果もあるのでダイエットに向いています。更に、バナナの食物繊維は水溶性と不溶性のどちらもあり、腸内環境を整えてくれる効果が期待できるでしょう。ビタミンではB群が特に多く含まれていますが、ビタミンB群は代謝を向上させる働きとともに、体内の糖質を効果的に燃やしエネルギーに変化させる働きがあるので、ダイエットはもちろん運動やスポーツ前に食べると良いとも言われています。

■朝バナナダイエットのメリット・デメリット

バナナダイエットと言えばこの朝バナナダイエットを思い浮かべるくらい、朝に置き換えをしているダイエッターの方は多くいます。ブログや口コミでも多数の体験談が投稿されていますよ。

朝バナナダイエットの効果は?

朝バナナを食べる朝バナナダイエットは比較的に継続しやすいことから、ダイエット効果も実感しやすくなります。また、朝という時間は1日の中でも「デトックス時間」といわれていて、バナナに特に多く含まれている「食物繊維」は胃や腸のお掃除役、「カリウム」は余分な水分を排出する利尿作用があることから、どちらも「デトックス時間」に摂ることは効果的と言えるでしょう。

朝バナナダイエットのメリット

  • 朝食は3食の中でも軽く済むのでバナナに置き換えたところでストレスを感じにくい
  • 朝をバナナに置き換えることは比較的続けやすい
  • バナナの特筆すべき栄養素は「朝」という時間帯に合う
  • 朝にバナナを食べることでエネルギーになり脳が活性化する

朝バナナダイエットのデメリット

  • 体が慣れてくると停滞期になり、効果として現れにくくなる

■昼バナナダイエット

バナナダイエットで昼バナナダイエットはあまり実践している方はいないかもしれません。バナナの栄養はしっかり吸収されますが、昼食をバナナに置き換えることはデメリットの方が目立ちます。

昼バナナダイエットのメリット

  • 圧倒的なカロリーカットになり、1日のトータルカロリーが減る

昼バナナダイエットのデメリット

・食事〜食事の時間が長い分、間食で食べ過ぎてしまう可能性がある
・夕食までの時間が長いため、夕食で食べ過ぎてしまう可能性がある
・続けにくく、ストレスも感じやすい

■夜バナナダイエット

もともと夕食を軽めにしている方であれば長く続けられそうな夜バナナダイエットですが、例えば「2週間だけ」などのように期間限定で行ったり、「すぐにお腹周りを細くしたい」という方に向いている方法かなと思います。

夜バナナダイエットのメリット

  • 圧倒的なカロリーカット
  • 効果が早く現れやすい

夜バナナダイエットのデメリット

  • 1日のメインである夕食にバナナだけでは満足感を感じにくい
  • 慣れるまで時間がかかる
  • 睡眠の質が落ちる可能性がある

夜バナナダイエットを実践するならホットバナナがおすすめ

バナナは栄養豊富ですが体を冷やす食べ物でもあります。就寝前の食事で体を冷やす作用のものを食べると質の悪い睡眠になり兼ねません。また、バナナを加熱することでオリゴ糖が増えるので腸内環境も整いやすくなりおすすめです。作り方は簡単で、バナナの皮を向き、食べやすい大きさにカットしてフライパンまたは電子レンジで加熱するだけです。

■やっぱり朝バナナダイエットが効果的

ダイエットは無理が続いたりストレスが溜まる一方だと続かないですし、痩せるどころかリバウンドしてしまう可能性もあるため、極端なやり方は避けた方が無難です。そういう意味でも朝バナナダイエットは継続しやすく、長い目で見たときに効果が高いと言えるでしょう。短期間で痩せてしまうダイエットは短期間で戻るという結果も多いので、月単位で気長に痩せるのを待ちましょう。

■最後に

いかがでしたか?バナナダイエットは手軽で効果的なダイエットとしてブログや口コミでも話題になっていますが、無理のない範囲で行うことがダイエットを続かせる秘訣と言えます。ストレスを溜めずに楽しみながらバナナダイエットを実践してみてくださいね。

text:common編集部

Posted by admin