common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

一流が通う疲労回復ジムが教える、最高の仕事パフォーマンスを引き出す小さな習慣

2019.8.1
一流ビジネスマンが足しげく通う疲労回復専門ジムとして知られる「ZERO GYM」から今年5月に発売された書籍『エグゼクティブ・コンディショニング』。高額収入を手にしている、いわゆる“エグゼグティブ”向けのコンディショニング方法が紹介されています。仕事で一歩抜き出るには、一体どんなコンディショニングが有効なのか。著者である、ZERO GYM プログラムディレクターの松尾伊津香さんに話を伺いました!

誰でもできる『エグゼクティブ・コンディショニング』とは?

仕事がデキる人とそうでない人の決定的な違いは、一体どこにあるのか。 ここ数年で注目されているのが、一流と呼ばれるエグゼクティブたちが日々行う“コンディショニング”方法です。例えば、瞑想。気持ちを整える、思考をクリアにし判断力をアップさせるなど、ビジネスマン・ビジネスウーマンにとって嬉しいさまざまな効果があると言われています。

ただ、瞑想はちょっとハードルが高い・・・と感じている方のため今回は、一流が通う疲労回復ジム「ZERO GYM」が教える、最高の仕事パフォーマンスを引き出す小さな習慣を教わりにいってきました!

『エグゼクティブ・コンディショニング』著者の松尾伊津香さん

松尾さん

大学生のときに心理学を専攻し臨床心理士を目指す中でヨガと出会い、その後スポーツインストラクターに転身したそう

<目次>

仕事で成果を出したいなら、スマホに“門限”をつくること

寝る前1分の習慣で脳の働きを活性化する

「スクワット」で最高のパフォーマンスを手に入れる!

仕事がはかどらない人は野菜不足を疑え

満腹まで食べるとパフォーマンスが落ちる

誰でも、コンディショニングで人生を高めることができる

仕事で成果を出したいなら、スマホに“門限”をつくること

common編集部

 

『エグゼクティブ・コンディショニング』では、“仕事における最高のパフォーマンスを持続する”ための方法が紹介されていますよね。私も仕事デキる人になりたい!早速ですが、いますぐ実践できる技を教えてください!

松尾さん

はい、いろいろご紹介させていただきますね。まず最初にご紹介したいのが、「スクリーン門限」です。

common編集部

 

スクリーン門限・・・!?

松尾さん

寝るまでの、最低一時間はパソコンやスマホなどのデジタルデバイスから離れましょうという“門限”を作ることです。

common編集部

 

それにはどういった効果が?

松尾さん

“仕事における最高のパフォーマンス”を発揮するには良質な睡眠は非常に重要です。デジタルデバイスって、睡眠の質を悪化させてしまう一番の要因なんですよ。

common編集部

 

やっぱりブルーライトがいけないんですか?

松尾さん

ブルーライトからの悪影響もありますし、情報を入れることで脳が休まらなくなるんです。仕事しているときと同じ状態なので、リラックスして眠りにつけなくなってしまいます。リラックスするための呼吸法や入浴法を取り入れても、寝る直前にデジタルデバイスを見てしまったら台無し。だから、「スクリーン門限」を第一に掲げているんです。

common編集部

 

耳が痛いです・・・。寝る直前までスマホを見ている人は、今多そうですね。

松尾さん

実は私も以前はスマホを寝る前に見ちゃうタイプだったんですよ。なので、あまり寝つきが良くなかった。見なくなってからは、寝つきが格段に良くなりましたね。

common編集部

 

どうやって“門限”を守れるようになったんですか?方法が知りたい!

松尾さん

きちんとルールを決めることです。

・寝る○時間前はスマホを見ない

・ベッドルームにスマホを持ち込まない

・スマホの電源を切る

など、ルールは自分に合ったものでカスタマイズしても良いと思いますが、守るべきラインをはっきりさせないと結局ズルズル使ってしまうことになります。きちんとルールを決めてから実践することがポイントです。

common編集部

 

守るべきラインを自分で設定する。なるほど。ちなみに寝る前にテレビを見るのも、睡眠に影響ありますか?

松尾さん

スマホやパソコンよりはテレビの方がまだマシ・・・という感じでしょうか。スマホとテレビでは情報の受け取り方に差があって、テレビからの情報は受動的なので、リラックス度合いがスマホよりはまだ高いんです。スマホに来る連絡のように返信を考えたりすることもありませんし。でも、できれば辞めてほしいですね。

Posted by admin