common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

痩せるだけじゃない!細胞が若返る「半日ファスティング」のススメ

2019.7.31
疲労や体脂肪の増加、老けの原因は「食べ過ぎ」にあるかもかもしれません。健康のためには1日3回食べることとされていましたが、最近では「食べる時間」を減らし、「食べない時間」を増やすことがダイエットだけでなく健康にも良いことがわかってきました。今回は若返り効果大!半日食べない時間をつくるだけの、簡単ファスティングについて詳しく解説していきます。

現代人は食べ過ぎている!?

私たちの体は「食べる時間」に体脂肪を貯蔵し、「食べない時間」に体脂肪を燃やします。「食べる時間」には脂肪の燃焼は止まり、食事から得られるブドウ糖を燃やします。反対に「食べない時間」にはブドウ糖ではなく脂肪細胞に貯蔵された体脂肪をエネルギーとして脂肪を燃やします。

しかし、現代人は「食べない時間」が短くなり「食べる時間」が長くなっています。すると、食事から得たブドウ糖を燃やすばかりで、体脂肪を燃やす力が衰えてしまうのです。

豪華な食卓

体脂肪を燃やす力が衰えると、少しの「食べない時間」を過ごしただけでも、脂肪を燃やす代わりに、ブドウ糖をもっと求めるようになりひどい空腹感に襲われるようになります。

つまり、体にはたくさんの体脂肪を蓄えているにも関わらず、それを燃焼することができなくなってしまっているのです。

代謝を鍛える=体脂肪を燃やせる体になる

日々食べ過ぎている方に、体内に蓄えられた体脂肪を燃やせるようになるためにおすすめしたいのが、ファスティングです。ファスティグには以下のようなメリットがあります。

・ 脂肪の分解を増やす

・ 血糖値を下げる

・ 空腹感の改善

・ 成長ホルモンを増やす

・ 免疫系の改善

・ 細胞の再生と修復の改善

・ 消化酵素を休ませ、代謝酵素を働かせる

・ デトックス効果

・ インスリン感受性の改善 他

「食べない時間」を長くすることにより、本来体が持つ能力を強化できます。

私たちが生きていく上では「酵素」の働きが欠かせませんが、酵素には食べ物を消化してくれる「消化酵素」とエネルギーを生み出す代謝やターンオーバー、デトックス、免疫の働きがある「代謝酵素」があります。「食べる時間」が長い人は消化酵素ばかり浪費してしまい、代謝酵素がうまく機能できない状態になっています。

そこで、ファスティングにより「食べない時間」を長くすることで、消化に取られていたエネルギーを代謝に回せるようになります。つまりファスティングにより代謝が鍛えられるのです。また、日頃消化しきれず溜まっていた体内の老廃物も排出されやすくなるため、体の中を大掃除できます。

Posted by admin