common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

【医師監修】太らない遺伝子が最新の研究で判明。食欲遺伝子「MC4R」とは

2019.5.11
肥満についての研究は世界中で行われていますが、今注目されているのが食欲に関する遺伝子「MC4R」の存在。太りやすい人と痩せやすい人とでは、持っている遺伝子が違うようです。今回は、食欲をコントロールするという遺伝子「MC4R」について、減量外来ドクターの工藤 孝文(くどう たかふみ)先生に教えていただきました。

新事実!食欲遺伝子「MC4R」の最新研究結果

食欲に関わる遺伝子「4型メラノコルチン受容体(MC4R)」(以下、MC4R)の存在が明らかになり、これが肥満になるか否かを決定づけているのでは?と注目されています。

イギリスのケンブリッジ大学のHPにも、その旨が紹介されています。

こちらの記事よると、約50万人のDNAデータを用いて、その人の体重や身長、病歴について照らし合わせたところ「MC4R」と呼ばれる遺伝子の存在が関係していることを発。「MC4R」の遺伝子が常に働いている人は、その他の被験者と比較して平均2.5kg体重が軽く、2型糖尿病と心臓病の危険性が50%減少していることが分かったそうです。

遺伝子

「MC4R」遺伝子自体は、以前から肥満との関係が示唆されてきましたが、今回の研究では、「MC4R」遺伝子から出されるサインがβ-アレスチンという細胞内に発現するタンパク質に伝わるといった、詳しいメカニズムも示されています。

それにより、新たな痩せ薬の開発が進むであろうと締めくくられています。

食欲が湧かない遺伝子!?「MC4R」遺伝子とは

「MC4R」は簡単に言うと食欲を抑える遺伝子のこと。この研究で示された「MC4R」遺伝子が常に働いている状態の人たちが、体重が軽く糖尿病や心臓病のリスクが低かったのは、そもそも“食べたい欲求が湧かないため”だったのです。

肥満になるか、痩せ型になるかどうかは、食事が大きく左右しているということは誰もがご存知ですよね。食の細い人は、摂取カロリーが少なく、太ることがないのです。あなたの周りにいる、何もしていないのに痩せている人は、遺伝子レベルで違うのもかもしれません。

Posted by admin