common(コモン) | カラダとココロをキレイにするフィットネス&ライフスタイルマガジン
           

食後のあくびは危険!しかも“太ってきたサイン”かもしれない

2019.12.25

肥満になると食後のあくびが増えやすい

肥満女性のあくび

ちなみに、普通の体型の人と肥満の人とを比べると、肥満の人の方が血糖値は急激に上昇することが分かっています。それは、肥満の人の多くがインスリンというホルモンの効き目が悪くなっているから。

食事を摂取して血糖値が上昇すると、膵臓では血糖値が上昇したという情報を受け取り、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは血流に乗り筋肉に働きかけてグルコースを取り込む役割を果たします。

しかし肥満の人の場合、体内に脂肪がたくさん蓄えられていて、血液の中にもたくさん脂肪や余分なホルモンが分泌されています。そうした物質がインスリンに働きかけて、インスリンの効き目を悪くしているのです。

糖尿病の人の多くがⅡ型糖尿病なので、「食後のあくびが気になる=血糖値スパイクの疑い=太っているサインかも!?」ということを考えてみましょう。

血糖値スパイクを抑えるには?

健康的なサラダ

血糖値スパイクを改善するには、根本的には肥満を改善する必要がありますが、すぐには脂肪が落ちるということはないと思います。

そこでここからは、血糖値を急上昇させない方法を紹介していきます。血糖値を安定させるメソッドは、同時にダイエット効果もあります。食後のあくびが気になる方、健康的に痩せたい方は、ぜひ意識してみてください。

1、食物繊維を摂取する

まずは食物繊維を摂取するということが挙げられます。食物繊維は胃や小腸でほとんど消化を受けない栄養素で、小腸で水分を含んで膨れ上がるものもあります。

糖質や脂質、タンパク質は胃や小腸で消化を受けて小さくなり、体内に吸収されます。しかし食物繊維は消化を受けないので、大きな塊のまま小腸を通過します。

小腸では栄養素が吸収されていきますが、食物繊維を摂取すると大きな塊が栄養素の消化を邪魔します。そのため糖質が体内に入ってきづらくなり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。

食物繊維はカロリーもほとんどなく、満腹感も得られるためダイエットには積極的に取り入れたい栄養素です。

食物繊維は海藻類やこんにゃく、寒天ゼリー、レタスやキャベツ、ごぼうなどのシャキシャキとした歯ごたえのある野菜に多く含まれています。

2、低GI食品を食べる

糖質の中には吸収が速いものと遅いものとがあります。糖質の吸収のされやすさを表すものとして、GIというものが挙げられます。100だと吸収が速く、60以下だと遅いと言われます。

低GI食品を摂取すると糖質の吸収が遅いので、血糖値スパイクが起きにくいです。

低GI食品としては大豆製品や玄米、大麦が含まれたご飯などが挙げられます。お米を使った白ご飯はGIが高いので、ご飯を食べたいという方は大麦や玄米が含まれているものを食べると血糖値の上昇を抑えることができます。

3、運動後に食事を食べる

食べるタイミングを変えることでも血糖値スパイクを抑えられます。運動する習慣がある方は運動後に食事を食べるようにしましょう。運動をすることで糖質の取り込みが促進されます。

筋肉はインスリンの刺激を受けると、筋肉へグルコースを取り込むGLUT4というタンパク質を筋肉の表面へと移動させ、それによりグルコースを取り込みます。

運動を行うと、インスリンが分泌されていなくてもGLUT4というタンパク質が筋肉の表面へ移動し、グルコースを取り込みます。

運動後はこの効果が続いているので、インスリンの効き目が悪い状態でも運動の効果でグルコースを多く取り込むことができるようになっています。そのため運動直後に食事を摂取すると血糖値スパイクを抑えることができます。

 

食後のあくびは体からのSOSサインかも!?

今回は、食後のあくびには実は危険性があることもあるというお話をしました。食後にあくびが止まらなくなるのは、急激に血糖値が上昇するからです。血糖値が急に上昇するのは、肥満が原因であることがあり、そのまま放っておくと糖尿病になる可能性もあります。

食後のあくびは血糖値が上がっているかどうかを見るサインになるんです!今回紹介した方法を実践して血糖値スパイクを避けていきましょう。

監修・執筆:中野卓

大学では栄養学、大学院では運動生理学を専攻。現在はスポーツ科学の研究に携わる。プライベートでは筋トレが日課。ダイエットやトレーニングに関する情報を発信していく。

Posted by kamoshita