Healthy & Activeに毎日を楽しみたい女性に贈る 毎日を彩るきっかけが見つかるFitness & Lifestyle Magazine

common

common

  • login
  • search
アカウント登録/ログイン画面はこちらから!

“ダイエット”は古い?「ボディメイク」との違いを知ろう

2017.9.27

ここ数年で耳にするようになった「ボディメイク」という言葉。従来のダイエットとは何が違うのかご存知ですか?私たちが、健康的にいつまでも美しくいるために大切なことなんです。今のうちに覚えておきましょう。

体重重視のダイエット

まず、ダイエットというとどんなことを思い浮かべますか?

食事の量を減らし、運動をして、体重を減らすのが目的というイメージではないでしょうか。身長と体重で導き出されるBMI値を基準にしている方も多いですよね。(※「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で肥満度を指し示すもの)

なりたいボディになれましたか?

確かに過剰な体重は減らした方が美しくなれます。健康にとっても良いことでしょう。

でも一方で、ダイエットをしたらお尻が貧弱になった、胸が小さくなったという悩みや、痩せたけれどくびれができない、メリハリがないという声もよく聞かれます。体重を減らすためのダイエットをしても、理想的なボディには近づけないことが多いのです。

疲れやすくなった、風邪をひきやすくなった、肌が汚くなったといったケースも少なくありません。それでは将来の健康すら危ぶまれてしまいます。

私たちが目指している姿

私たちが本当に欲しいのは、痩せ細っただけの貧相な身体ではないはずです。キュッとくびれたウエストや女性らしい背中から腰にかけてのS字カーブ、弾力のあるお尻、引き締まったお腹・・・。そして毎日をエネルギッシュに過ごせる健康な身体です。それらを手に入れるには、従来のダイエットだけでは成り立ちません。

ボディラインの方が重要!

そこで日本でも注目度が上がっているのがボディメイクです。体重を落とすことを目的とするのではなく、健康的で美しいボディラインをトレーニングを通して目指すこと。欧米ではずっと前から重要視されてきた考えです。今では日本の女優、タレント、モデルさんも取り入れており、だんだんと身近なものになってきました。

筋肉の方が重いんです

筋肉と脂肪は同じ重さであっても体積が違います。脂肪の方が2割程度大きく、筋肉の方が小さくずっしりとしています。そのため、引き締まった美ボディの持ち主の方が体重が重いこともあるのです。

〇kg痩せた!と喜ぶのはもう辞めましょう。それよりも筋肉がどこについていて、どこが引き締まっているかといった視覚的な情報の方がずっと大事ですよね。

ボディメイクの始め方

骨、筋肉、脂肪で出来た身体を変えていくには、脂肪を減らすための正しい食生活と筋肉をつけるためのトレーニングが必要です。食事は食べないのではなく、適切な食材を適切な量食べることが大切です。間違っても、空腹で血糖値を下げるようなことはしてはいけません。反対に脂肪が溜まりやすい身体になってしまいますよ。

トレーニングはまずは週に2~3回、1回15分程度から始めましょう。今日は下半身、今日はお腹といったようにパーツに分けて行うのがおすすめです。短い時間なら無理なく続けられるのではないでしょうか。筋肉量が増えれば基礎代謝も上がり、脂肪が燃えやすい身体になります。

体重の増減に捕われずに、トレーニングで筋肉をつけ理想のボディラインを手に入れる。これからの時代は、そんなボディメイクが主流になってくることでしょう!まだダイエットに励んでいる方は、そろそろボディメイクに切り替えた方が良いかも!?自分に自信が持てるようになりますよ。

writer:Yukari Kamoshita

関連KEYWORD
お気に入りに登録help
お気に入りのコンテンツをクリップするとMY PAGEから読み返せます。